むぅ家。

わたしとむぅの ササヤカナ ニチジョウ。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

膀胱結石のつづき。

別の病院へ相談にいってきました。

センセは、今は潜血などの症状もないし、12歳だと手術のリスクもあるからこのまま様子をみていってはどうか・・・という考えでした。

1件目は「なるべく早く手術」
2件目は「手術しなくてもいいのでは?」
正反対の意見を頂き、かぁさん困惑中です。

ただどちらのセンセも「詰まると怖い」という事でした。
詰まって尿毒症になると死に至るような危険な症状になることもあるようです。こわい・・・。

これは健康なうちに、一日も早く手術したほうがいいんじゃなかろうか・・・。
もし詰まったとき、それに気付くのが遅かったら??その時もっと高齢だったら?緊急手術になったら?
・・・・・そっちのほうが怖いと思うので、手術を検討しようと思います。
ただ年齢が気になるのも正直なところです。
結構なベテラン先生が「12歳を手術するにはリスク高い」というのだから、余計にびびる。
12歳って・・・そんなにジジィなのか。
手術前には充分な検査をされるので大丈夫なのでしょうが、やっぱり飼い主としては心配で二の足を踏んでしまいます。
そしてなかなかココロが決まらないという繰り返し



どしたらいいのか





先日大阪城公園をお散歩したときの図。
PB300268.jpg

PB300262.jpg
サンタさんがいっぱいいました

PB300290.jpg
落ち葉の上をカサカサ歩くのが大好きなむぅちんです





2歳の頃にストルバイト結石(今回はどちらの石か不明)になって以来、毎月の尿検査はかかさなかったし、
食事や水分量にも充分気を付けてきた。
オヤツも頻繁にあげていないし。
おしっこもいつも勢いよく出ていたし
充分にコントロールできてると思ってた。

なのに突然の「膀胱に石」宣告・・・。何がいけなかったんだろう。
全然気付かなかった。というか、一体いつから?
なんのための尿検査だったんやろう・・・。それだけじゃわからんのかな・・・。
あれだけ検査してたのに。ほんとはもっと早いうちに手が打てたんじゃないのか?
色々思うところがいっぱいです。


だめだめかぁさんです。
スポンサーサイト

| 尿結石のこと | 00:53 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT